尾山で宮

ピーチローズはアマゾン・楽天より公式がお得※ピーチローズは通販のみ
それでも、奴らはリリーフ近辺ですよね。昨今、いつの班も、日本の球界は、右手投げのプレーヤーも左側打ちのプレーヤーがたくさんいます。
そりゃあ、そうですよ。イチローを見れば知るけれども、打ったのちに1塁に走るのですが、そのときに、左側打ちって1塁には一歩間近いうえに、打った素振りから丸ごと1塁に駆ける対応見込めるわけでね。ミギバッターみたいに、打った後に、針路を切り替えて、
打つっていう演技を考えるって、やむを得ず左側打ちが有利ですし、右手投手と左側投手では右手投手ですほうが圧倒的に多い。そうなると、右手たい右手。左側では左側ですが、背中から投げるような感覚になるのは、左側打者のほうが短い意義ね。となると、興奮を感じる打席が右手打者よりも安い意義ね。となれば、左側打者が掛かる意義ね。
右手打者のほうが有利なのは、ボールを遠くに取り除ける対応。最後のお薦めで利き腕で押し込むことができる対応。ホームラン打者なら右手。相場なら左側なのかな?という。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です